05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013.08/25(Sun)

シオカラトンボ 

8月3日、木曽三川公園ワイルドネイチャープラザから。
この日、一番目にしたのはシオカラトンボでした。
このトンボは川、池、田んぼ、どこに行っても必ず見かけますね。

s201308EOS 7D33079
シオカラトンボ♂
s201308EOS 7D33076
シオカラトンボはその名の通り、成熟するとオスは上の写真のように体表が塩を吹いたように白くなります。
メスはムギワラトンボと呼ばれている通り、麦藁色をしてるので区別は簡単ですね。
しかし・・・・、

後、7枚あります。

【More・・・】


s201308EOS 7D33034
この写真だけだをパッと見るとメス(ムギワラトンボ)だと思いますよね。
s201308EOS 7D33021
でも、別のカットを見てみると、未成熟のオスだと分かります。
s201308EOS 7D33038

s201308EOS 7D33031
同様に、この写真だけだをパッと見るとメス(ムギワラトンボ)だと思いますよね。
s201308EOS 7D33060
別のカットを見てみると、今度はメスで正解でした。
s201308EOS 7D33066

成熟すればオスとメスの識別は簡単ですが、未成熟の状態だとよーく見ないとわかりませんね。
見分けるポイントは
①腹部の突起(副生殖器)があればオスです。
②あと、尾部先端の付属器の形態の違い
例外もありますが、オスはスマート、メスは寸胴かな。

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

【編集】 |  15:05 |  蜻蛉  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
こんばんは。
同じ色合いだと、オス、メスの区別は私には至難の業。
とりあえず、あとで調べられるように、写すポイントを学習中です。
(雌雄どころか赤とんぼの種類の別も色がつかないと、わからないかも…w)
きくちゃん | 2013.08.25(日) 22:16 | URL | コメント編集
うーん、オスとメスの区別、イマイチ分かりませんでした(汗)
シオカラトンボのメスがムギワラトンボと呼ばれてたのも
初めて知ったような・・・知ってはいたけどすっかり忘れてたような・・・
なんちゃって風景写真家 | 2013.08.26(月) 12:06 | URL | コメント編集
●シオカラトンボを撮りに行きたくなります。
こんばんは
シオカラトンボはこちらでも飛んでいますよ。

のんびり歩くのにはまだまだ暑いです。
9月になれば北陸へ行ってみたくなります。
yodogawasyuhen | 2013.08.26(月) 21:37 | URL | コメント編集
こんばんは
☆きくちゃんさん
未成熟な個体は区別が難しいですよね。
私も写真に撮っておかないと、その場では判断できないことがよくあります。

☆なんちゃって風景写真家さん
普通の人は分からなくていいと思いますよ。
私みたいに写真の主題として見る様になると、自然と身についてくるものだと思います。

☆yodogawasyuhen さん
トンボの眼鏡は水色眼鏡・・・、やっぱり日本を代表するトンボで、全国至る所で見られますよね。
Toshi | 2013.08.27(火) 00:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |