08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014.06/13(Fri)

ホソミオツネントンボのカップル 

低山地の水草の多い池などで見られる細身のイトトンボ。
トンボにしては珍しく、成虫のまま冬を越すので「おつねん」の名がついている。
春になると体色が青くなるが、冬の間は褐色なので、枯葉にまぎれて見つけにくい。確かに、冬場に見たことがない。

s201405EOS 7D39506
ホソミオツネントンボ♂♀
s201405EOS 7D39490
写真をアップするときに気がついたんですが、左上の方に隠れミッキーが!

【More・・・】

s201405EOS 7D39403

s201405EOS 7D39480
長い冬が終わって、恋の季節到来。
あちらこちらでカップルが成立してました(^^)
s201405EOS 7D39487

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

【編集】 |  23:10 |  蜻蛉  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
●きれいな
オツネントンボもいるんですね。
私も見つけたい…。
ラブラブポーズはToshiさんの写真だと、楽しく?みられる。
で、去年撮りたいと思ったけど、トンボさん、
実際にはみんなけっこう苦労?しているみたいで、
気が引けました…。接写で邪魔するせいか…。
きくちゃん | 2014.06.14(土) 09:05 | URL | コメント編集
●こんばんは
☆きくちゃんさん
トンボは毎年同じ時期に同じ場所で見られるので、一度見つけてしまえば開発で池や川がなくならい限り会えますからね。
そんな場所、早く見つかるといいですね。
Toshi | 2014.06.14(土) 22:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |