06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.10/26(Sun)

地味な蝶です 

イチモンジセセリは後翅に一直線上に並んだ白斑が特徴で、名前の由来にもなってます。
チャバネセセリ、オオチャバネセセリなどソックリさんもいますが、みんな目がクリクリっとして可愛いです。
ただ、この蝶は色が茶色ってこともあるし、翅が一般的な蝶(モシロチョウやアゲハ)に比べると小さいので蛾の仲間だと思われてる節があります。
ちょっと可哀想・・・・・、なんていうと蛾に失礼かな。
s201410EOS 7D42173
イチモンジセセリ
s201410EOS 7D42144
全身を覆う毛、翅の鱗粉、お腹のプッリク具合、・・・・・やっぱり、蛾だと思う人がいても仕方ないかも。

テーマ : 蝶の写真 - ジャンル : 写真

【編集】 |  15:44 |   | TB(0)  | CM(2) | Top↑
●とっても
目がかわいく、撮れてますねw どう見ても蝶です!w

実はこのところ、何匹(何頭?)か、おもしろい蛾に会いました。
白いのとか、モスグリーンのとか、翅が羽っぽいのとか…。
しかし、いずれも、大ボケ…。
撮りながら、これは蛾だ…と、どこかで何かがささやく…。
触角を見るからかもだけど、なんとはなしの、もったり感があるような…w
(なんていって、実は大きな蝶で翅が厚めな感じのするものも、若干苦手だったりします…w)
きくちゃん | 2014.10.27(月) 10:58 | URL | コメント編集
●好きな人には
☆きくちゃんさん
もともと蝶と蛾を生物学的に区別はできないと聞いたことがあります。
ただ、見かけは随分と違うのも多いですよね。
私は蝶は触れるけど、蛾は触れません。
どこで区別してるかかというと、やっぱり見た目なんですよね。
セセリチョウは当然のごとく蝶だし、可愛いんですが、やっぱり人によるみたいです。
これはもう仕方ないことなんでしょうね。
Toshi | 2014.10.28(火) 22:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |