07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.05/26(Tue)

ハラビロトンボ オス・メス・カップル勢揃い 

体長31-39 mm程度の小型のトンボで、腹部が扁平で短いという独特の体形から「腹広蜻蛉」と呼ばれる。
特に雌の腹部は雄よりも太く、平ぺったいのだが、今回は腹の太さがわかる写真が撮れたので紹介します。(最後の写真)

s201505EOS 7D45106
s201505EOS 7D45109
オスは成熟すると黄色から黒色に変化し、さらに成熟が進むとシオカラトンボみたいに青っぽい粉を吹く。
s201505EOS 7D45138
↑ハラビロトンボ♂

s201505EOS 7D45143
↑ハラビロトンボ♂♀

↓ハラビロトンボ♀
s201505EOS 7D45125
上の写真だと扁平した腹が分かりにくけど、
s201505EOS 7D45134
最後の写真がハラビロトンボ(腹広蜻蛉)の名前の由来となった腹部の形が分かりやすいですね。

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

【編集】 |  21:44 |  蜻蛉  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |